カラクリCEOの日記

ビジネスサイドから見た最新テクノロジーについて考えていきます

一年の振り返りと今年の抱負

本日からカラクリ株式会社として3期目となります。そこで、この1年の振り返りをざっくりと。

 

2017年10月〜12月『とりあえずサービススタート!』

カラクリの本格スタートとなった2017年10月。今のコンセプトの「正答率95%保証」ではなく、「誰でも簡単に安くチャットボットが作成・利用できるサービス」としてスタートしました。

下記はリリース当時の料金プランです。

f:id:shimon-oda:20181001121206p:plain

今思うと勇気のある価格というか、何も考えずに決めたなと思います。ただ、実際に数社のお客様とお取引を実施して下記のことに気づけました。

  • チャットボットはボットのコミュニケーションの設計が重要!誰でも簡単に操作できるユーザーインターフェースを準備しても運用開始後は便利だが、そもそもオンボーディング時につまづく
  • 価格が安いと導入しても、導入したお客様自身もあまり本気にならず、物事が前に進むスピードが遅い

ターゲット顧客の設定、自分たちのサービスの良さの本質、そのあたりを認識できていなかったと反省しています。

また、組織についても副業のメンバーが多く、フルコミットの人材が少なかった(実質私含めて2名)こと、メンバーのパフォーマンスを上げるために必要な組織の土台もできていなかったこと、自分自身も経営から遠ざかっていたいこと、という要因で事業推進のスピードが遅かったなと反省しきりの最初の3ヶ月でした。

 

2018年1月〜3月『サービスコンセプトを大きく変更』

この3ヶ月は舵取りを大きく変更した3ヶ月でした。資金調達を実施することと、顧客セグメントの切り替えが大きなテーマでした。

ICCfukuoka2018のスタートアップカタパルトに登壇することが決まっており、主催の小林雅さんと話いくうちにいろいろとサービスの方向性が固まってきました。

  • 月額9,800円プランを廃止、月額10万円以上を最低ラインとする
  • 初期設計にリソースを投下する。
  • 本気の顧客だけ相手にする=そのかわり成果をコミットする

【下記はプラン変更後のサービスページ】

f:id:shimon-oda:20181001122553p:plain

このあたりを整理して顧客セグメントを切り替えました。顧客からの問い合わせは減るかなとおもったのですが、逆に増えていきました。

資金調達についてもファイナンスが得意なメンバーが参加してくれたこともあり、スムーズな会話ができたこともよかった点です。

 

2018年4月〜6月『土台づくりのための基礎固め』

このフェーズは初期顧客の拡大と、資金調達、組織づくりの取り組みがスタートした時期です。

まだまだトラクションがない中、投資家として入っていただいたジャフコ様、BEENEXT様には感謝しかないです。ジャフコさんには出資いただいて以降、顧客候補の多数いただき、かなりの高確率で受注まで至っています。また、BEENEXTの前田ヒロさんにはSssSのビジネスの経営とは?組織づくりとは?という点でめちゃくちゃ勉強になっています(現在進行形)

また、このフェーズからは、「組織づくり」に自分の時間を使えるように調整を開始したタイミングです。

まずはミッションとバリューの決定から。

f:id:shimon-oda:20181001134145p:plain

 

カスタマーサポート分野のオペレーションをもっと「楽」にしたい、という思いで取り組んでいいます。

バリューについても、

  • Keep Excellent・・・最高をめざす!
  • Leverage & Impact・・・生産性100倍!個人よりもチームで!
  • Think  deeply  act  quick・・・脊髄反射しない!しかし早く!

で策定しました。詳しくは下記にまとまっています。

Mission | カラクリ株式会社

ただ、まだまだ課題は山のようにでてきます。

  • 意外とバリューの浸透に時間がかかる
  • 見込み顧客からの問い合わせや、引き合いが増えてきて、対応すべき案件とそうでない案件などの線引が曖昧になってきた
  • PMF(プロダクトマーケットフィット)に向けてまだそれぞれの役割(マーケティング、セールス、カスタマーサクセス)の型化、ナレッジ化ができていない

上記はすぐに解決するものから、長期的に実現していくものでもあるのですが、なかなか悩ましい問題でした。

 

2018年7月〜9月『引続き、土台づくりのための基礎固め』

この時期も引き続き会社の基礎固め。前職時代にやっておけばよかったと反省するポイント第一位は「1on1の実施」。これを継続的にやる、やらないでは全く組織運営で差異が出るなと・・・。

組織づくりについてはリンクアンドモチベーション様、スタートアップの組織設計のプロの金田さんにもお手伝いいただきながらこれから数ヶ月〜1年くらいかけてしっかりと作っていきたいなと思っています。

この時期のよかった点としては、

  • Kararkuriのサービスとしての方向感は見えてきた
  • 新しい機能開発などに一緒に取り組んでくれる顧客が増えてきた
  • 各分野でのナレッジ化に向けて動き出せてきている

あたりかなと。

まだまだ足りない点としては、

  • 人が足りない!素敵な仲間。絶賛募集中です。

    www.karakuri.ai

  • 成長戦略のためのやること・やらないことの方針決定!Keep Excellent、Leverage & Impactな状態へ持っていく!

あたりです。

2018年10月からの1年について

本日から新しい一年のスタートとなります。この一年で必達したいことは、

  • PMFの完了。すべてのフェーズのナレッジ化
  • ARR1億の早期達成。ARR10億に向けた方程式の発見
  • エンジニア、セールス、カスタマーサクセス、コーポレートの全部門が「顧客のカスタマーサクセスを実現すること」に集中するための組織設計
  • バリューを体現できるメンバーが30名以上揃っている

です。

今年一年、邁進していきますので、引き続きよろしくお願いします。