カラクリCEOの日記

ビジネスサイドから見た最新テクノロジーについて考えていきます

2月のICC FUKUOKA 2018のプレゼンが記事になりました。その後の4ヶ月の雑感。

f:id:shimon-oda:20180622133426j:plain

今年2月のICC FUKUOKA 2018のプレゼンの内容が記事になりました。ICC事務局の皆様、文字起こしありがとうございます。

industry-co-creation.com

結論、出て本当によかった

このスタートアップカタパルトに応募したのが2017年の年末で、応募のきっかけはなんとなくFacebookでスタートアップカタパルトの募集を見かけて、ちょっとチャレンジしてみよう、と思ったのが始まりです。

 f:id:shimon-oda:20180622131541p:plain

結論、応募して本当によかったです。

イベント本番まで数回、ICCパートナーズの小林さんとプレゼンする方向性についてミーティングをさせていただくのですが、今のkarakuriの「成果にコミットするAIチャットボット」というコンセプトもミーティングの中で方向性が決まっていきました。

事業の内容、本質をシンプルに伝えるにはどうすればいいのか、その視点でいろいろとアドバイスをいただけたのは本当に大きかったです。

スタートアップカタパルト自体は4位でしたが、プラスの影響が大きく、逆に出てなかったらどんなことになっていたのか、怖いくらいですw

良かった点一覧

  • 普通にお客様が増えた。ICCで知り合ったことで複数社さまとの実際の取引につながった。最初は同行したスタッフ一名分の参加費くらいは稼ぎたいなと小さなことも考えてましたが、、、。その数十倍はペイした。
  • 投資家の方とのつながりが増えた。前職では、あまり投資家の方と直接話すことは少なかったのですが、つながりが増えて相性の合う方とも出会えた。
  • スタートアップ起業家の横のつながりも増えた。
  • この年齢でピッチコンテストに出るという新鮮な刺激をもらえた。

などなど、いいことばかりでした。

(イベントの参加に迷ってらっしゃる方はぜひ参加をおすすめします)

ここ数ヶ月、実績とよべるようなお仕事が徐々に増え、お客さまとの対話の中で次にフォーカスすべき項目も見えてきてました。

なので、会社としてもお仕事が増えてきたので、これからなるべく仲間探しにも注力していこうと思っています。

興味があれば、ぜひお問い合わせください。

www.karakuri.ai